不動産売却をされる方必見!不動産が売れない場合の…

不動産売却をされる方必見!不動産が売れない場合の対処法をご紹介します!

不動産売却をされる方必見!不動産が売れない場合の対処法をご紹介します!

「不動産が売れなかった場合どうしたら良いのかな」
「売主によって不動産の売れ行きって変わるのかな」
松江市で不動産売却をご検討中の方で、このように考えている方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は不動産が売れない場合の対処法と不動産が売れない売主の特徴をご紹介します。
この記事が参考になれば幸いです。

□不動産が売れない売主の特徴とは?

不動産が売れないのは、必ず物件に原因があるとは限りません。
売主の意向や対応も不動産の売れ行きには大きく影響します。
では、不動産が売れない売主の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

1つ目の特徴は、利益しか見えておらず高すぎる金額を設定してしまう方です。
不動産売却をする際には、必ず近隣の物件価格を参考にしながら価格設定をしましょう。
近隣の物件と比べてあまりにも高い値段で募集をしたら売れ残ってしまうのは当たり前とも言えます。

2つ目の特徴は、引き渡しの条件が厳しいことです。
価格は適正のつもりでも売れない不動産は、価格以外の条件が厳しすぎる設定になっていないか見直しましょう。
支払い条件を限定している、代金の早期支払いを条件にしている、引き渡しの際の条件を売主側が決めてしまっているなど、条件を売主が与えすぎてしまうことはリスクになります。

□不動産が売れない際の対処法をご紹介!

まずは、実際の広告を確認してみることです。
一般的には不動産会社の担当者から業務状況の報告を定期的に受けるはずです。
その際に、どんな媒体にどのような広告を載せたのか聞いてみましょう。
自分の目で確認して、報告と違っていれば担当者に指摘する必要があります。

次に、価格を見直すことです。
売り出し当初の価格設定は間違っていなかった場合でも、周辺のライバル物件の価格の動向が動いて自分の物件が価格面で埋もれてしまっている可能性もあります。
長い期間売れずにいる場合は、ライバル物件の調査をしてみることをおすすめします。

そして、物件本体に見劣りする部分はないか再確認してみましょう。
内覧の申し込みは割と多くあるのに、そこからの食いつきが弱いと感じる場合は物件本体に何か見劣りする部分がないか見る必要がありますね。
自分で掃除をしていても、プロのクリーニングを入れていないと特に水回りは汚れて見えてしまいます。
また、内覧者からのヒアリングで気になる場所をそれとなく聞いてみるのも良いですね。

□まとめ

不動産が売れない場合の対処法をご紹介しました。
長期間売れないと感じる際には、広告や価格、物件本体を見直すことをおすすめします。

一覧に戻る