不動産売却の際に行える税金対策についてご紹介しま…

不動産売却の際に行える税金対策についてご紹介します!

不動産売却の際に行える税金対策についてご紹介します!

「不動産売却ではどんな税金がかかってくるのかな」
「不動産売却の時にできる税金対策が知りたい」
松江市で不動産売却をご検討中の方で、このように考えている方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は不動産売却の際にかかる税金の基本と、税金対策についてご紹介します。
この記事が参考になれば幸いです。

□不動産売却の際にかかる税金の基本をご紹介!

不動産売却の際にかかる税金は、主に2つあります。

1つ目は、譲渡所得税です。
譲渡所得は、土地や建物といった特定の資産を譲渡して得た所得のことです。
不動産売却によって得られた利益もその1つです。
これにかかる税金の内訳は、所得税や住民税であり、これらをまとめて譲渡所得税と言われることが多いです。

2つ目は、復興特別所得税です。
これは、所得税全般に課税されます。
この税は、復興税とも呼ばれており、東日本大震災の復興のために使用される税金です。

□不動産の売却の際に行える税金対策について!

不動産売却には、さまざまな税金がかかることを理解していただけたでしょうか。
一方で、これらの税金を少しでも抑えたいという方が多いのではないでしょうか。
そこで、不動産の売却の際に行える税金対策をご紹介します。

まずは、費用を正確に計上することです。
不動産の購入から売却までにかかった費用を多く計上すればするほど、譲渡所得税の金額が抑えられるため結果的に税金の金額も削減できます。
費用として計上できるのは、売却した土地や建物の代金やそれに伴う手数料などが挙げられます。

また、仲介手数料を値引くか仲介業者を雇わないことです。
売却の際には、譲渡費用として仲介業者に支払った手数料が含まれます。
そもそも、仲介業者を雇う理由は、売却の際の不動産がどれくらいを適正価格にするかがわかることや書類作成をはじめとした雑務を全て任せられるからですよね。
もし、費用を最小限にしたいという方は仲介業者を雇わないという選択肢もあります。

一方で、もし雇わない場合は書類作成などの事務作業に加え、買い手の探索ややり取りも全て自力で行うことになるため、あまりおすすめはできません。

□まとめ

不動産売却の際にかかる税金の基本と、税金対策についてご紹介しました。
不動産売却には、譲渡所得税の他に復興特別所得税というものもかかる可能性があります。
また、税金対策についてもご説明させていただきましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
松江市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひ当社にお気軽にご相談ください。

一覧に戻る