不動産売却において気をつけることをご紹介します!

不動産売却において気をつけることをご紹介します!

不動産売却において気をつけることをご紹介します!

「不動産売却ってどんな流れで行っていくのかな」
「不動産売却をする際に気をつけるべきことが知りたい」
松江市にお住まいで不動産売却をご検討中の方で、このように考えている方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は不動産売却の流れと不動産売却の際に気をつけることをご紹介します。
この記事が参考になれば幸いです。

□不動産売却の流れをご紹介!

1つ目のステップは、不動産会社からの査定を受けることです。

2つ目のステップは、媒介契約を結ぶことです。
この契約は、不動産会社と不動産を売ってもらう契約をすることです。

3つ目のステップは、売り出しをすることです。
売り出し価格を決めて広告を出します。

4つ目のステップは、内覧です。
内覧とは、購入希望者が不動産を見学しに来ることです。

5つ目のステップは、売買契約です。
内覧で不動産を気に入ってもらい買主が決まったら、この契約を結びます。

6つ目のステップは、決済と引き渡しです。
代金を受け取り、売主が買主に不動産を引き渡します。

7つ目のステップは、確定申告をすることです。
売却をした翌年に税務署に確定申告をします。

この7つのステップが完了しましたら、不動産売却の流れは終了します。
それでは、次に不動産売却をする際に気をつけることについてご紹介します。

□不動産売却の際に気をつけることについて!

まずは、内覧の前に室内をしっかりと掃除することです。
内覧の際には、余計なものが1つも置かれていないきれいな状態に掃除されていることが理想です。
物がないだけで、その部屋がより広く、良い印象を与えられます。
購入希望者も、実際に住んでいる生活のイメージがしやすくなるでしょう。

また、不動産価格を少しでも上げるためにリフォームを検討される方がいらっしゃいますが、リフォームの必要はありません。
なぜなら、不動産は相場価格よりも高く売ることが難しいため、リフォーム費用を回収出来る保証がないからです。
逆に、売り出し価格が高額になることで、結果的に売れ残ってしまう危険性もあります。

そして、内覧時に値引きや家具の譲渡の約束をしないように気をつけましょう。
内覧時にそのような希望を言われた場合でも、その場での約束はしないようにしましょう。
家具の譲渡や値下げ交渉は契約時に決めます。
内覧時には、家族で相談しますなどと伝えてはっきりとした回答は避けましょう。

□まとめ

不動産売却の際に気をつけることをご紹介しました。
不動産売却の流れを把握していただけたら幸いです。
また、内覧時にはしっかりと掃除することや、値引きの交渉にはその場で応じないことを気をつけましょう。

一覧に戻る